スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単なる知識と、知るということ。

誤解している方は多いと思います。

いろいろな本や講演などで聞いたこと。--->私は知っている。

でも、本当は単なる知識でしかないんです。
知るとはそのものとなること。
なんだか分かりづらいですが。。。(^^;

人から聞いたこと、人が意見したこと。---->自分の意見、経験として言い切る。

でも、意見や経験の判断仕方は人によって違います。いろんな方向からの意見を聞いてみなければ何も判断は出来ません。
たとえ信頼できる人、友人の言葉であってもです。

いろいろな状況に立ったとき、いろいろな情報を聞いたとき。
                        ---->勝手に心が揺れ、悩んだり、感情的になったりする。

これも、その情報だけでは何も判断できないことを知る、感じることが大切です。
目に見えていないこと、表には出てこない真実が隠れていたりします。

実は私も最近、心が大きく揺れる状況になったことがあります。(小さいことではいつもですが。。。(^^; )
いろいろ考え悩み、これからどうすべきか、どう対応すべきか真剣に考えました。
明想、内観を通して追求し、仕事中もどこかで思い続けていました。

翌日にその当事者の話を聞けるというとき、ふと自分の中にひとつの回答が出てきました。
それは、何も問題は無いということ。
そして、そのときに同時に感じたことは、全ては自分の中で起こっている。ということ。

そう感じたとき、見えない部分も少し感じられた気がして、大丈夫と思えたのには自分でもびっくりでした。

周りで起こっていること、聞いたこと、勝手にこれは良い、悪いを判断し、嫌悪したり、良い気になったり。
でも、全て自分なら、全て自分の責任。

このことは、単なる知識として聞いてる方はたくさんいるけど、ほんとに分かっている人は少ないだろうと思います。
実際に感じてみると、すごく楽です。自然と全て赦せていたりします。

ただ、この感じはしっかり意識してないと、長続きせず、また元に戻ったりします。

ほんとに知るということは大変ですし、知るということを理解することも難しいです。
でも、一度でも経験すると、何も大変ではなくすごく楽なこと、と分かります。

知るということは、そのものとなること。
全て自分となること。

常にそうであるように、努力あるのみです。


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

息について

息。
普段意識することもなく自然に行っている行為ですが、その文字を見れば分かるとおり、それは自らの心です。

上江洲先生に教えていただいたことは、
万物はその本質において神、愛、命そのものであり、吸う息は神。吐く息も神。
ということ。

でも周りを見れば、吸う息は神でも、吐く息が怒り、憎しみ、嫉みなど。
なぜそうなのか?
本質を知らないから。
偽りの自分を信じ、従っているから。

吐き出された負の意識は、気づかれないかもですが、いろいろな悪影響を及ぼすんではないかと思います。
小さなことでいえば、足をぶつける。転ぶ。料理中に手を切るなど。
溜まり溜まれば、大きな災害ともなるでしょう。

そういえば、以前ある指導者の下で、瞑想での呼吸法を教わっていたとき、
「まず、息をゆっくり吐き出します。
 自分の中の、黒いもの、悪いものが出て行くイメージで。。。。」
ということを教わった気がします。
当時は分からなかったですが、これって??
世に負のエネルギーをまき散らしているようなものでは?
それが正しいやり方でしょうか?

すべての本質が神であり、愛であり、命そのものであるならば、何者にも影響されず、自分の中の負のエネルギーのみならず、吸い込んだ負のエネルギーさえ愛に変えられるはず。

万物の霊長と言われた人類こそ、しっかりと本質を受け入れ、愛を顕現するものとなっていかないといけないんだろうと思います。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

改めて、今

久しぶりの更新です。

ここ数年、上江洲先生の学びをかなり真面目にやっていたためですが、その間、私の発する言葉、行い、想いが正しいかどうか分からず、とにかくまずは学ぼうと思っていたためかも知れません。

上江洲先生のこと、私が学んだこと、を多くの方に伝えられればいいのですが、難しいです。
学べば学ぶほど、気づけば気づくほど、説明しづらいです。

上江洲先生の光話、ヒーリング、法玉明想など、実際に参加し感じてもらうのが一番なのですが。。。
(みつろうさんのブログを参照していただくのもいいかもです。^^: )

改めて、今というときはどのようなときか。
既に言葉では知っている。実際に感じているという方もおられるでしょうが、まあとりあえず。。

今、地球の波動はかなり高くなっています。
言い換えると、目には見えないかもですが、眩しい光で全体が照らし出されている感じです。

明るい光は、針先一点のシミでも照らしだし、今までは隠れていたものが表に出てきます。
このため、今までなかったような出来事が起こってきています。

でも、それは悪いことばかりではなく、今まで気づけなかった問題に気づけ、改善できるということです。

最初はかなり辛いです。
何でこんなことで悩んでるんだろう。なんでこんなことが起こるんだろうって。どん底に落ち込んでしまうこともあります。

上江洲先生がいつも仰るとおり、身口意(行い、言葉、想い)を正し、正しい明想を行うこと。

身口意を正すこと。愛で行うこと。
でも、実際気をつけていても、自分に都合の悪い場面や人に出会ったときには、気づく間もなく相手を非難し怒りを発してしまうのがほとんどですし、表に出さなかったとしても、心の中でブツブツ文句を言っていたりします。

これはしようがないです、何度もこんなことがあると、自信を無くしてしまうかもですが、諦めず、切り替えていくことです。
怒り爆発!のあとに、ちょっと静かなところで目を閉じて深呼吸するとかして静めていくこと。
そして、今、に注意していること。
これを続けていると、出る直前に気づくようになるし、気づいたらまた切り替えて、を繰り返しているとほんとに出なくなります。

そして正しい明想。
上江洲先生が下ろされた法玉明想はとても簡単で、確実な方法です。
既に他の瞑想法を実践されている方からすると、疑問があるかもですが、とにかくやってみていただければ分かると思います。

私がここでやり方を書くこともできますが、出来れば光話会に参加いただくか、上江洲先生の公式サイトからリンクされている
USTREAM、もしくは「月の雫」サイトの法玉明想指導を見ていただいたほうが確実です。
(USTREAMの放送時間は、公式サイトのスケジュール表から各光話会の時間割が見れますので参考にしてください。ただし時間通り放送されない場合もありますので、ご注意ください)

はじめは、なかなか難しいかもですが、上江洲先生がよく仰るように、意思と勇気と忍耐と努力が大事です。

強い意志を持って、恐れずひるまず、決して諦めずに努力していく。

私自身まだまだ努力が必要です。
このブログで、今まで学んだことの確認をしていきたいと思っています。
間違いも書くかも知れません。
更新がかなりまばらになると思います。

ここまで読んでいただいた方に心から感謝いたします。
ありがとうございます。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

宇宙の始まりと神

宇宙の始まりって言うと、今当たり前に聞くのはビッグバン。

でも、その当時は宇宙が1点から始まったと最初に言った学者さんが、司祭だったためもあり、
反発がかなりあったようで、かのアインシュタインでさえ最初は定常宇宙説を唱えていました。

でもその後、ビッグバンの証拠とも言える宇宙の背景輻射(均一に広がるエネルギー)が見つかり、
遠い銀河ほど速い速度で遠ざかってる事実が見つかり、ビッグバン理論の優位性が確立されてきました。

今でも定常宇宙説を唱える方はいらっしゃいますが、学会的にはビッグバン理論が主流になっています。

その後、宇宙の始まりはどんなだったかとか、初期のある時期に急激に広がったとするインフレーション理論や、
泡理論、ひも理論など関連する様々な理論が考え出されています。

物質と反物質がどのようにして物質優位になったか、
4つの力である重力、電磁力、弱い力、強い力がどのように生まれたか、など。。。

数年前、日本人物理学者がノーベル賞とりましたが、それも対称性の乱れによる質量(つまり重力)の誕生についての理論だったと思います。

では、宇宙の一番最初は、どうだったかというと、無から生まれたとされています。

?そんなぁ。。。?っと思われるかもしれませんが、量子論の世界では、無は無のままではいられず、
たえず素粒子が生まれては消えているそうです。

全ての物質を取り去り、空間や時間さえ取り去った何もない真空の状態でもエネルギーが存在するらしいのです。
これは真空のエネルギーと呼ばれ、斥力を生むエネルギーで、宇宙を膨張させている力ともされています。

宇宙の一番最初、物質はもちろん存在せず、時間も空間もないところに存在するエネルギー。
どんなものかは分からないですが、この場で何者かが生まれたり消えたりしているうちに、
何故かは知りませんが、その何者かが増え、ある程度たまったところで一気に大爆発を起こし、今の宇宙が生まれた。
っというのが今言われていることです。

とはいえ、誰も見た人はいないので、いろんなデータを元に想像し、理屈を作り、一番ありそうな形を導き出したに過ぎません。
実際のところ、理屈を作る段階で、うまくはまらないからと目をつぶってしまったデータも存在しています。
きっと観測ミスだよ、っとかこう考えればあり得るんじゃない?っとか勝手に理屈をこねて。。。

私がいうのもなんですが、理論物理ってそんなもんです。
かつて、「神はこう作ったはずだ!」っといって、公式を変えてしまった人もいるくらいです。(^^;

ビッグバンが主流とはいえ、ビッグバン派と定常宇宙派は今でも論戦を繰り広げています。

ビッグバンの少し前、何もないところにものが生まれて、っというのは宗教界的にはいいかもですね。
神の意志というか、が最初にあって、天地ができ、光が生まれ、昼と夜ができ、水が上下に分かれ、陸ができ、いろんな生き物が作られた。

でも、定常宇宙派の言うことにも一理あるので、うむむ。。な状態です。
一点から膨れているなら観測されるべき動きが観測できていない。(一点ではなく、均等みたい。。)
膨張の証拠とされる赤方偏移は、距離が近くても、天体の質量によって大きくなっている例が観測されている。
想定されている宇宙の年齢より古いものが見つかっている。
などなど。。

まあこれらは、学会的には疑似科学とか、こじつけとか言われてますけど、検証の余地はあるかもですね。


神はどのようにこの宇宙を造られたのでしょうか?

おっと、ひかれてしまいそうですね。。。(^^;

そもそも、始まりや終わりというのは、時間という概念があるから考えられることであると思います。

時間の概念とは、物事の移り変わりの度合いを測るために考え出されたものと考えます。
変化を眺めていれば、確かに時間が流れているように思えますもんね。

でも、考えてみれば過去は過ぎ去った記憶や記録であり、未来はまだ起こっていない希望や予測でしかなく、実際に事が起こっているのは、今この瞬間しかないんです。

納得できない方がほとんどでしょうね。
確かにそうだけどって、「けど」がついてしまう。

今この瞬間だけを見れば、何も始まってもいなければ終わってもいない。ただ在る。
時間の流れで見れば、全てがどこかで始まり、どこかで終わる。

なんとも理解できないですよね。

今この世界に暮らし、この身体を自分として生きている以上、この世の常識でしか考えられないので、どうしても分かりづらいのは仕方ないですね。

正直私だって分かってません。

でもこの宇宙は神の意志そのものと思っています。
なら何故時間や空間があり、変化し続け、創造と破壊が繰り返されるのか。

なんていうんだろ。。
私の想像ですが、この世界は重い。鈍い。そんな感じです。

本来なら神の意志、原因無き原因である神の思いは一瞬でそこにあるはずですが、この世界ではタイムラグがある。

もしかしたら、宇宙の始まりだけは一瞬だったのかも。。。って思います。
一瞬にして、時間や空間、物質の元などが出来たけど、この世界の特質である鈍さによって、完成には時間を要している。ってことなのかなって。




多分、今まで書いた言葉を検証してみると、矛盾がいっぱいだと思います。
どうしても、言葉で書こうとすると難しいです。
イメージをそのまま伝えられればいいのですが。

もう少しイメージがハッキリしたら、また書いてみますね。m(_ _)m

ケイ素のミネラル水

最近、ケイ素のミネラル水を取るようにしています。

ケイ素は、地球上でも量が多い方の元素にあたるらしく、生命進化においても大きな役割を果たしただろうということは想像できます。

実際、骨や筋肉組織をくっつけて、丈夫にする役割があることは確認されているそうで、血管を柔軟で丈夫なものにしたりなどという働きもあります。。

ケイ素が生命にとって有効であることは、欧米などではかなり有名らしいですが、日本ではまだまだですね。

そんな中、鹿児島の濱田先生が作り出された濃縮ケイ素のミネラル水は凄いです。

濱田先生は、みんなの病気を治したい、健康にしたいという思いから、長年にわたり研究を重ね、ケイ素とその他のミネラルを組み合わせたものを開発され、今までに糖尿病や、癌、HIVなどなど様々な病気が改善されたという報告があるほどです。

最近の研究では、このミネラル水の中にソマチッドがいることも確認されています。
これは、ケイ素の原料が水晶だってことが元かもですね。

最近はいろんな大学でも注目され始めていて、これからが楽しみになってきています。

ケイ素の効果については以下の本に詳しいです。よかったら読んでみて下さいね。

難病を克服する珪素の力 (bio books)難病を克服する珪素の力 (bio books)
(2012/03)
伊藤 實喜、寺沢 充夫 他

商品詳細を見る

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ファインマン

Author:ファインマン
こんにちは
直傳靈氣師範格のあべです。

今までそれなりに長く生きてきて、科学的なこと、宗教、神秘的なことなど、興味のままに学んできました。

といってもその知識はかなりいい加減です。それは感覚的に受け取っているからです。
なので、間違った記述とかあるかも知れませんがどうかご容赦下さい。
そして、どうぞ遠慮無くご指摘下さい。

よろしくお願い致します。

靈氣施術
靈氣療法の施術を出張にてさせていただきます。 詳しくはこちらをご参照下さい。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
無添加化粧品の美杏香
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。