FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京癒しフェア」出展

8月の7日(土)と8日(日)に渡って東京国際展示場で開催される「癒しフェア」に
直傳靈氣研究会として出展します。

私は今、その実行委員の一人として日々楽しく過ごしております。

確かにいろいろやることがあり、大変かもしれませんが、今まであまりやったことがないことばかりなので、とても楽しいんです。(^o^)

癒しフェアでは、有料ですが直傳靈氣の体験施術を受けていただけますし、いろんな質問、疑問にもお答えいたします。

それから早い者勝ちになると思いますが、施術を受けていただいた方には記念ストラップをプレゼントする予定です。(ここだけの話ですが、全て私の手作りです。。。^^; )

癒しフェアはスピリチュアルはもちろん、ビューティー、オーガニック、エコ、アート、キッズ等々、興味深いいろんなブースが出ますので、楽しめると思いますよ。

癒しフェア事務局にお願いすると無料招待券もいただけるので、お時間ある方は是非いらしてくださいね。

皆さんが健康で幸せで愛の光で満たされますように。
スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

ヒーラー?

ここ数日、フランク・ペッターさんのワークショップに参加させていただいたり、
ペッターさんと来日されたゲストの方々とご一緒させていただきましたが、
今日のお昼ご飯のとき、海外でもヒーラーという言葉を使うのかと言う質問に対しペッターさんは、

「ヒーラーとは言わないです、
使ってはいけないと言うこともあるけど、
ヒーラーって言うのは本人の体でしょう。
治るっていうのは本人の体が治るんでしょう。
だから、ヒーラーではないですよ。」

っと言うことを仰っていました。

確かに、私達靈氣施術者は、被術者にとって足りない氣やエネルギーを足してあげたり、
滞っている氣の流れを整えたりするだけで、治るかどうかは本人次第、
ということは分かっていましたが、何も考えずにヒーラーという言葉を使っていました。

調べてみると「ヒーラー」とは「治療する人、医師」などという意味です。
私達は医者ではないですもんね。

厳密にいえば、お医者さんだって薬を処方したり、悪い所を除去したり繋げたりしてるけど、
普通に生活できるようになるかどうかは、やはり本人の力ですよね。

これは心の問題もそうだと思います。

そう考えると、確かにヒーラーというのは本人自信なんだと思います。
私達はその手助けをしているだけ。
言ってみればヘルパーです。

「ヒーラー」っていうとかっこいいですけど、そういうことなんですね。

でも、靈氣ヘルパーっていうのもなんだか分からないので、
日本人だし、靈氣施術士っていうのでいいのかも知れませんね。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

靈氣施術について

私が実践させて頂いているのは臼井靈氣療法の一つである直傳靈氣ですが、
ご希望あれば、東京都世田谷区を中心とした関東エリアの方々に、
出張にて靈氣施術をさせて頂きます。

基本施術料 : 1時間4000円
 ※15分単位で、延長、短縮可
 ※場所により交通費の1部をご負担頂く場合があります。
 ※その他、短期集中施術割引等考えていますので、ご相談下さい。

お問い合わせ、ご依頼等は、こちら(hashiken87@yahoo.co.jp)までお願い致します。

皆さんが愛の光で満たされますように。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

靈氣

皆さんは靈氣というと何を思われるでしょうか?

たぶん多くの方がレイキ、REIKIなどと記述される靈氣療法、あるいはレイキヒーリングを、思い浮かべるのではないかなぁと思います。
そしてその殆どは大正時代に臼井甕男先生が始められた正式名「心身改善臼井靈氣療法」の流れをくむものだろうと思います。

このような書き方をしたのは何故かというと、靈氣と靈氣療法では指し示すものが違いますし、靈氣療法も実は色々な流派があるからです。

靈氣というのは本来、この宇宙に存在する氣のエネルギーそのものを指し、それを利用しているのが靈氣療法です。

靈氣にも高い低い、あるいはパワフル、繊細など様々な質の氣が存在していますし、靈氣療法の流派や施術者に寄って流される氣は違ってきます。

流派については、私の独断で全て靈氣療法として纏めてしまいましたが、臼井靈氣療法はもちろん気功や、クァンタムタッチなどの手当療法、宗教的手かざし、各整体術で使われる氣の療法、ロイヤルタッチやイエスのヒーリングなども大きなくくりとして靈氣療法と思っています。

余談ですが臼井先生より先に靈氣療法を始めた方がいたというようなことを仰っている方がいましたが、あの時代には多くの靈術家が活躍しており、先か後かはともかくとして、その中に靈氣という言葉を使っている方は何人かいらっしゃいます。
全てを調べてみたわけではありませんが、他の流派では自己鍛錬という形で靈氣を流せるようにしているのに対し、臼井先生は霊授(アチューンメント)という伝授の方法を確立され、誰でも気軽に流せるようにしたという点が現代にまで受け継がれている最大の理由だと思います。
靈氣、靈氣療法は元々あったもので、それを体系化して誰でも使えるようにしたということが臼井先生が開祖ではなく肇祖と呼ばれている理由です。
ただ臼井靈氣療法でも霊授を受けるための前準備、と霊授後の勉強が大切なのですが、それはまたの機会に述べたいと思います。

靈氣の質ということについてですが、どうして違いがあるのかは私にも正確には分かりません。
靈氣は本来純粋なエネルギーで、大いなる存在と呼ばれるところから発しているエネルギーだと思います。それがこの物質界に落ちてくる段階で落ちてくるのかなぁとは思いますが、全ての存在はその中に大いなる存在の意志を内在していると思います。その内在している意志を純粋に表現出来ていれば純粋な靈氣をそのまま流せる気がします。

人間についていえば内在する純粋意識を表現出来る人は悟りを開いた聖人クラスの方たちだろうと思いますので、それはまだ少ないのだろうなと思いますが、とてもいい靈氣を流している方というのは、少なくても人格的に優れ、愛に満ちた方たちのような氣がします。
じゃ、どんな方かというとそれは一言では言い表せません。ぱっと見はとてもいい人に見えても内面に問題がある人もいれば、性格悪そうに見えてもいい靈氣を流している方もいらっしゃいます。
霊能などの力を持っていても、酷い靈氣を出す方もいらっしゃるので、見分けるのは難しいです。
ただ、靈氣療法に限ったことではありませんが、どのような方に出会うかを心配するより、ご自分の内面を見直すことで良い方に出会える可能性は高くなると思います。


靈氣とは本来、全ての存在を活かしているエネルギーだと思います。
ですからどなたでもそれを活用出来るはずです。
多くの方がそれを理解し、活用し始めれば靈氣療法は必要なくなります。
当たり前になれば靈氣という言葉も無くなります。
早くそうなればいいなぁとも思います。
でもそれまでは、必要な方たちのため私達療法家がお役に立てればと思います。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ファインマン

Author:ファインマン
こんにちは
直傳靈氣師範格のあべです。

今までそれなりに長く生きてきて、科学的なこと、宗教、神秘的なことなど、興味のままに学んできました。

といってもその知識はかなりいい加減です。それは感覚的に受け取っているからです。
なので、間違った記述とかあるかも知れませんがどうかご容赦下さい。
そして、どうぞ遠慮無くご指摘下さい。

よろしくお願い致します。

靈氣施術
靈氣療法の施術を出張にてさせていただきます。 詳しくはこちらをご参照下さい。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2アフィリエイト
無添加化粧品の美杏香
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。